賃貸住宅賃貸マンション暮らす方法を紹介! ペットは無理とあきらめる前に。
猫と暮らす賃貸住宅日記!室内猫に育てる方法>発情期の注意点
ペットと暮らせる部屋探しリンク集

発情期の注意点

管理人BJは、ヨモギしか猫を飼った事がないので、
オス猫の発情期は、わかりません。ごめんなさい。

メス猫が発情期に入ると、外に出せと泣き叫びます。

泣き声も大きいので、近所迷惑になります。


泣き声がうるさいからと外に出せば、100%の確立で
妊娠するので、外に出してはいけません。
生まれてくる子供の責任をとれる方は外に出しても
いいと思います。


発情期に辛いのは、飼い主だけではありません。

発情期で外に出る事が出来ない猫が一番辛いのです。


飼い主のかってかも知れませんが、室内で猫を育てるために
メス猫の場合、避妊手術は必要だと思います。


ヨモギの避妊手術は、2回目の子育てが一段落
してから行いました。
当然ですが、避妊手術は成功。
避妊手術後、発情期で泣き叫ぶ事も無く、
家の中でのんびりすごす猫になりました。









 ページのTOPに戻る

今日のよもぎ

コンテンツ
室内猫に育てる方法
 ・室内猫にする理由
 ・猫が喜ぶ部屋にする
 ・室内猫とストレス
 ・猫を外に出さない
 ・発情期の注意点
 ・猫と遊ぶ事が大事

関連コンテンツ
 ・なし

猫が喜ぶセール情報
 ・ 送料無料 
 ・ セール商品 
 ・ キャットフード 
 ・ サークル、ケージ
 ・ キャットタワー 
 ・ ペットホテル 

ホームアドパークで全国のペット可賃貸物件をサクサク検索!!

Copyright(C) 猫と暮らす賃貸住宅日記! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

猫と暮らす賃貸住宅日記!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
猫と暮らす賃貸住宅日記!の無断転載、無断コピー、を禁止します。