賃貸住宅賃貸マンション暮らす方法を紹介! ペットは無理とあきらめる前に。
猫と暮らす賃貸住宅日記!賃貸マンション選びのポイント>玄関の構造を確認
ペットと暮らせる部屋探しリンク集

玄関の構造を確認

賃貸マンションで猫が一番逃亡する場所が玄関です。

飼い主が帰宅すると、足音でわかるのか猫は玄関で
出迎えてくれます。

出迎えは嬉しいのですが、このときが一番危険です。

ドアを開けた拍子に、猫が外に出てしまうからです。


我が家のヨモギは、外に出たら野良猫の本能が目覚めるのか
管理人BJが呼んでも、見向きもせず、駆け出して行きます。

一度外に出ると、連れ戻すのはとても大変なんです。
外には、ノミや病気の心配があるので
出したくありません。


猫が外に出る危険を少なくするためにも、
玄関の構造は必ず確認しておきましょう。


猫を飼うときは、玄関が独立している間取りが理想です。

独立している玄関
 扉が2枚あるため、簡単に出る事が
 出来ません。

玄関が独立していれば、猫の逃亡防止になるからです。
玄関に扉が2枚あることで、泣き声が外に漏れる事が
少なくなり、近所迷惑を防ぐ事が出来ます。










 ページのTOPに戻る

今日のよもぎ

コンテンツ
賃貸マンション選びの
ポイント
 ・ペット可は大丈夫
 ・1階よりも2階以上
 ・玄関の構造を確認
 ・畳よりもフローリング
 ・ベランダの日当たり
 ・部屋の通気性

関連コンテンツ
 ・玄関は要注意

猫が喜ぶセール情報
 ・ 送料無料 
 ・ セール商品 
 ・ キャットフード 
 ・ サークル、ケージ
 ・ キャットタワー 
 ・ ペットホテル 

ホームアドパークで全国のペット可賃貸物件をサクサク検索!!

Copyright(C) 猫と暮らす賃貸住宅日記! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

猫と暮らす賃貸住宅日記!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
猫と暮らす賃貸住宅日記!の無断転載、無断コピー、を禁止します。